東京銀座
1st Anniversary

シガーバー スーペルノーバ東京銀座店

東京銀座

2022年12月15日

Grand Open

アクセス・店舗案内
銀座でウイスキー・ラムの銘酒に出会う
ウイスキー・ラムの銘酒に出会う

熟成した最高のコンディションのキューバ産Cigarを約60種。東京銀座のシガーバーで甘く香る芳醇なフレーバーとともに至福のひとときをお過ごしください。

ウイスキー・ラムの銘酒に出会う
銀座でシガーを愉しむ
シガーを愉しむ

最優秀賞を受賞したモヒート、Cigarとの相性を考えたウィスキーやラム酒約200種に東京銀座で出会うことができます。貴重な銘酒をお愉しみください。

シガーを愉しむ

新着情報

クラセアスール レポサド(CLASE AZUL REPOSADO)

2月 22nd, 2024|

クラセアスール社は1997年に創業し、メキシコの文化を世界に広めるために原材料からボトルの製造まで100%メキシコ産にこだわっています。 ハリスコ州のロスアルトス地方で採れた6〜8年の上質なブルーアガベを100%使用しており、マンポステラと呼ばれるレンガの石窯で72時間ほどじっくりと焼きます。こうすることでアガベに含まれているイヌリンという多糖類の分解を促し、甘みを引き出しています。 その後搾汁し、クラセアスール社独自の酵母を利用して発酵し、銅製の単式蒸留器で蒸留し、アメリカンオーク樽で8ヶ月熟成したものが『クラセアスール レポサド』です。 また、テキーラの世界では蒸留時に出てくる原酒の始めと終わりをヘッドとテールと呼んでおり、この部分は雑味を多く含んでいるので使用しないのですが、クラセアスールは最大限までヘッドとテールをカットしているというこだわりがあります。 特徴的なボトルは、サンタマリアカンチェスダという町で、メキシコ先住民に伝わる古代の製法で一本一本手作りされており、ボトルにもメキシコの文化と伝統が刻み込まれています。こちらのレポサドは、白色に青ペイントいうデザインでクラセアスールの数あるラインナップの中でもフラッグシップでありブランドの象徴。 一切の妥協をせず、メキシコの文化を世界に発信するという一途な思いで作られたクラセアスールは、テキーラと思えないほどに甘く柔らかい味わいがします。 日本へ輸入され始め出してからは、その写真映えするボトルデザインと品質の高い味わいが口コミやSNSで広がり、瞬く間にメジャーテキーラとなりました。テキーラが苦手な方でも、こちらならもしかしたら・・・。ぜひじっくりとお楽しみください。   Founded in [...]

コイーバ シグロ2(COHIBA SIGLOⅡ)

2月 16th, 2024|

長さ:110mm リングゲージ:42 ヴィトラ名 ペティコロナ   キューバシガーの王様と称される『COHIBA』が誕生したのは、長い葉巻の歴史から見ると比較的最近です。 1960年代初頭、フィデル・カストロのチーフボディガードだった、通称『チーチョ』が吸っていた葉巻をカストロがいたく気に入ったことが始まりでした。 チーチョが吸っていたのは彼の友人である巻き職人のエドゥアルド・リベラ氏が個人的に巻いたものでした。 1968年にカストロはエル・ラギート工場を建て、エドゥアルド・リベラ氏を責任者として迎え入れてコイーバを作らせました。 当初は政府要人専用のブランドでしたが、1982年に一般市場に公開されました。 シグロシリーズは1990年代に入ってから発表されたシリーズで、コロンブスのキューバ上陸により、葉巻の文化が世界へと広まった1492年から500年、5世紀を迎えたのを記念してシグロ1からシグロ5までの5種類のヴィトラをレギュラー商品としてリリース開始しました。(シグロ6のリリース開始はこれから更に数年後。) [...]

J.バリー キュベ アールデコ(J.BALLY CUVEE ART DECO)

2月 7th, 2024|

コロンブスに「世界で最も美しい場所」と言わしめた、フランス領マルティニーク島。 サトウキビジュースそのものを原材料として使うアグリコールラムの生産が盛んなこの島で、まさにアグリコールラムのパイオニアと言われているのがこのJ.バリーです。 1917年にジャック・バリー氏がペレ山の近くラ・カルべにあった砂糖工場を買い取り、ラム酒作りを始めました。 バリー氏はコニャックに感銘を受け、オーク樽での熟成を思いつき実行したことで、「熟成アグリコールラムの創設者」とも言われています。 1930年代にバリー氏がアールデコを参考に考案したピラミッド型のボトルに、AOCマルティニークの審査会長で現セラーマスターであるマーク・サシエ氏が特別にブレンドした原酒をボトリングしたのがこちらの“キュベ アールデコ“です。 1999年ヴィンテージの16年熟成、2006年ヴィンテージの15年熟成、2007年ヴィンテージの12年熟成という3種の原酒がブレンドされており、日本国内では120本限定で発売されました。 アグリコールラムを語る上で避けては通れないJバリー、その中でも一際特別な一杯をぜひお試しください。   The [...]

アードベッグ スーパーノヴァ2014(ARDBEG SUPER NOVA 2014)

2月 2nd, 2024|

1815年に創立され、強烈にピーティな味わいで人々を魅了してきたアードベッグ蒸留所。2009年によりスモーキーなヘビーピーテッドのアードベッグとしてファーストリリースが限定発売された『アードベッグ スーパーノヴァ』。2時間足らずで完売したその圧倒的な人気の高さからそれ以降も幾度か限定リリースを繰り返しています。 アードベッグ蒸留所は2012年に宇宙でウイスキーの熟成をするという実験を行いました。 専用の容器にアードベッグの熟成前の原酒と熟成樽の木片を一緒に入れてISSで3年間観察し、同時に地上でも同じように熟成をしてその差から重力が熟成に与える影響を解明しようという実験でした。 3年の時を経て2014年に世界初の宇宙熟成ウイスキーが地球に帰還し、それを祝してリリースされたのが『アードベッグ スーパーノヴァ2014』、スーパーノヴァシリーズの第三弾です。 そういった背景からラベルのデザインもアードベッグのロゴマークが惑星の周りを周回する様が描かれています。 『アードベッグ スーパーノヴァ2014』のフェノール値は100ppmと通常の倍近くの数値を示しており、超新星の名に相応しいスモーキーな味わいです。熟成年数の表記はありませんが、シェリー樽熟成の原酒を一部使用し、甘さとスパイシーさを際立たせています。 これまでに発売されたアードベッグの多種多様なリリースの中でも、最も人気が高いとされるスーパーノヴァシリーズのバックヴィンテージ。市場に残されたボトルは、すでにそう多くはありませんのでこの機会にぜひお楽しみください。   Founded in [...]

お知らせ一覧