東京銀座
1st Anniversary

シガーバー スーペルノーバ東京銀座店

Cigar Bar
Super Nova 東京銀座
1st Anniversary

アクセス・店舗案内
銀座でウイスキー・ラムの銘酒に出会う
ウイスキー・ラムの銘酒に出会う

熟成した最高のコンディションのキューバ産Cigarを約60種。東京銀座のシガーバーで甘く香る芳醇なフレーバーとともに至福のひとときをお過ごしください。

ウイスキー・ラムの銘酒に出会う
銀座でシガーを愉しむ
シガーを愉しむ

最優秀賞を受賞したモヒート、Cigarとの相性を考えたウィスキーやラム酒約200種に東京銀座で出会うことができます。貴重な銘酒をお愉しみください。

シガーを愉しむ

新着情報

トリニダッド レジェス(TRINIDAD REYES)

7月 18th, 2024|

長さ:110mm  リングゲージ:40 ヴィトラ名  トレペティコロナ   コイーバがキューバシガーの王様なら、トリニダッドは女王様。 そう表現されることも多い、キューバシガーブランドの2大巨頭のうちの一つ。 ヴエルタ・アバホで育った最高級のタバコ葉を熟練の職人によって丁寧に巻かれたトリニダッドは、今でもキューバシガーの頂点に君臨するブランドの一つとしてたくさんのファンに愛されています。 トリニダッドのほぼ全てのヴィトラにあしらわれている特徴的なピッグテールは、熟練のトルセドールによって巻かれていることの証明といっても過言ではありません。 ブランドが誕生したのは1969年ですが、長らく政府専用のブランドで一般的には知られていない幻のブランドでした。 [...]

ロイヤルサルート21年 シグネチャーブレンド(ROYAL SALUTE Aged 21years THE SIGNATURE BLEND)

7月 11th, 2024|

国の重要な式典で発射される礼砲のことをロイヤルサルート(皇礼砲)と言います。 1953年、エリザベス2世の戴冠式にて、21発の皇礼砲が行われました。 それを記念してシーバス・ブラザーズ社が作ったのが『ロイヤルサルート 21年』です。 最初は記念限定品でしたが、あまりにも人気が出たため、現在でも世界中で販売されています。 当時は、女王エリザベス2世の王冠に彩られたルビー、サファイア、エメラルドにちなんで、赤、青、緑の3種類の陶磁器ボトルが作られていました。 この陶器は18世紀に高価なお酒を入れるのに使われていた『フラゴン』と呼ばれる陶器の瓶をモデルにしており、ウェイド・セラミック社が製造していましたが、2019年頃に一新された現在は、ガラス製のボトルで、青、緑、白の3種類に変わりました。 以前は陶磁器ボトルの色が違っても中身は同じでしたが、現在の3種類はそれぞれ違う商品としてリリースされており、青がロイヤルサルートのフラッグシップボトルとされております。青瓶の正式名称は、『シグネチャーブレンド』。 21発の皇礼砲にちなんで、原酒は全て21年以上熟成されたものを使用しており、非常に贅沢で高貴なブレンデッドスコッチと言えます。 シーバス・ブラザーズ社が手掛けているということで、キーモルトはスペイサイド最古の蒸留所であるストラスアイラ蒸留所の原酒が使われています。 女王陛下への敬意と忠誠心が産んだ『ロイヤルサルート [...]

山崎18年ミズナラ 2017エディション(THE YAMAZAKI MIZUNARA Aged 18years 2017 EDITION)

7月 4th, 2024|

今や世界的な人気を誇り、ジャパニーズウイスキーの代表格ともいえる山崎。日本初のウイスキー蒸留所としてサントリーによって1923年に創設されました。 当時ウイスキーの熟成には海外から輸入したシェリー樽等を使用していましたが、終戦後の様々な規制が絡み、海外から樽を輸入することが難しくなってしまいます。 そこで何とか代用できる木材がないかと職人達が探しまわり、たどり着いたのが東北地方や北海道に分布するミズナラでした。 ミズナラは高級家具などに使われることが多いですが、水漏れがしやすく加工も難しいため樽材には適さないとされる木材でした。 それでも何とか樽として完成させ、いざ熟成させてみると今度は木の香りが強すぎるという問題に直面してしまいます。 しかし、そこで諦めずに辛抱強く熟成を何度か重ねていくと、白檀や伽羅のようなオリエンタルな香りが顔を見せるようになることを発見しました。 職人たちの粘り強い創意工夫が引き寄せた奇跡です。 今となってはミズナラ樽はジャパニーズウイスキーの象徴とも言える存在になり、世界中に注目されるようになりました。 こちらは、そんな貴重なミズナラ樽熟成原酒の中から18年以上のもののみを厳選し、少量ながら50年以上熟成された原酒も一部使用しているシングルモルトです。 ミズナラ樽特有のオリエンタルな香りが複雑に絡み合い芳醇に香る、まさにミズナラ樽の最高峰ともいえる一品です。 [...]

オヨ・デ・モントレイ オヨ・デ・サンファン(HOYO DE MONTERREY LE HOYO DE SAN JUAN)

6月 27th, 2024|

長さ:150mm リングゲージ:54 ヴィトラ名 ロブスト・エクストラ   13歳の時にスペインからキューバに移住したホセ・ヘネル氏が叔父の農園で働きつつ、20年後に自身の葉巻工場を開設して独自の葉巻ブランド「ラ・エセプシオン」を作りました。その売り上げで、キューバ最高峰のたばこ葉産地の一つであるサンファン・イ・マルティネスに農場を購入して誕生したのが『HOYO DE MONTERREY(オヨ・デ・モントレイ)』です。 「HOYO」とはスペイン語で「穴」を意味しており、最高のタバコ葉産地として有名なこの地の形状になぞらえて名付けられました。 「LE HOYO」はより豊かな風味を持つシガーへの需要の高まりに応じて1970年に作られたシリーズで、LE [...]

お知らせ一覧